任意整理の積立金とは?何のために必要?

任意整理を弁護士や司法書士に依頼する場合には、事務所によって積立金という制度を導入している場合もあります。この積立金精度は、任意整理を依頼する場合の報酬の支払い方法の一つと考えることが出来ます。弁護士や司法書士に任意整理の手続きを依頼した場合、報酬を支払う必要があります。この時の報酬は、契約をした時点で支払う着手金や手続きが完了した後の成功報酬、各種手数料などがあります。しかし、債務整理を依頼する人の多くは、一度に多額の費用を用意するのは難しい状況にあります。そこで、任意整理を弁護士などに依頼すると、手続きが完了するまでの期間、債権者に対しての支払いをする必要がなくなります。そのため、これまで返済をしていた金額を積み立てて、報酬に充てるというものです。
任意整理とは、金利の支払いを免除されるとは言え、手続き後でも借金を返済していかなくてはならないため、あらかじめお金を積み立てて事で、手続き後の支払い負担を軽減することが出来ます。借金の返済が免れている数ヶ月間、これまで返済に充てていた分を支払う必要がなくなりますので、ついつい余計なものを購入してしまったり、金銭感覚が狂ってしまうということもあります。そのため、再度返済をする必要が出てきた時に返済計画を履行することが出来なくなってしまうことも少なくはありません。任意整理手続き中もこれまでと同じ金額を積立金にすることで、金銭感覚が狂ってしまうことを防ぐことが出来ます。